本文へ移動

仕事と子育ての両立

仕事と子育ての両立への取組み

社会福祉法人 弘仁会 行動計画
 
 次代を担う子どもが健やかに生まれ育つ環境をつくるための次世代育成支援対策推進法に基づき、職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。
 
1.計画期間
  令和3年4月1日~令和5年3月31日  までの2年間
 
2.内容
目標 1:育児休業規程において、子の看護休暇を取得しやすい制度設計を構築する。 
     
〈対策〉 
  令和3年 5月~ 子の看護休暇の取得状況の確認及び検討
  令和3年 9月~ 育児休業規程の改正(案)の作成及び確認
  令和3年10月~ 理事会に於いて検討 

目標 2:子の看護休暇の取得推進の為、周知をはかる。

 〈対策〉 
   令和3年 4月~ 男性も看護休暇を取得できることを周知するため、幹部会議に於いて、検討し、職員全体への
            周知を促す。
   令和3年 9月~ 全体会議に於いて、職員への周知を図る。

目標 3:有給休暇の取得の推進。
     全職員の有給休暇の取得を年6日以上とする。
 <対策>
   令和3年 5月~ 職員の有給休暇の取得状況を把握
   令和3年 6月~ 全職員に対しての周知をはかる。
   令和3年10月~ 職員の有給休暇の取得状況の確認を行い、状況により取得するよう進めていく。